DOWNLOAD

Download v0.6.0正式版 Image ZIP (573MB) インストール手順

RELEASE NOTES

2018-11-05 v0.6.21
・alsa-driverの実装を改善しました。
(本バージョンからカーネルのビルド番号は#22となります。)

2018-11-02 v0.6.20
・aplayの実装を改善しました。
(サンプリングレート毎にバッファ設定を変更できるようになりました)

2018-10-31 v0.6.19
・aplay/Xenomaiライブラリ関連のパラメータを見直して再ビルドしました。

2018-10-29 v0.6.18
・aplay関連のパラメータを見直して再ビルドしました。
(利用者の意見を聞きながら今後数回に分けてパラメータを調整していく予定です。)

2018-10-28 v0.6.17
・aplay/alsa-lib/alsa-driverの実装を改善しました。
(本バージョンからカーネルのビルド番号は#14となります。)
・wavの音飛び軽減策としてサンプリングレート変更時に名前付きパイプを再作成するように変更しました。(/home/pi/misc/pcminfo.sh)

2018-10-25 v0.6.16
・alsa-libの実装を改善しました。
(v0.6.15でwavが音飛びしやすいと報告がありましたが、再現性が低いため対策できておりません。wavをメインでお聴きの方は、対策版までお待ちいただいた方がよいかもしれません)

2018-10-23 v0.6.15
・aplay/alsa-lib/alsa-driverの実装を改善しました。
(本バージョンからカーネルのビルド番号は#13となります。)
(wavの再生で音飛びが発生しやすいと報告がありました。wavをメインでお聴きの方は、対策版までお待ちいただいた方がよいかもしれません)

2018-10-20 v0.6.14
・aplayの実装を改善しました。

2018-10-17 v0.6.13
・aplayの不具合を修正しました。(xddpスレッドの無限ループ発生を解消しました)

2018-10-15 v0.6.12
・aplayの実装を改善しました。
(aplay-rtのxddpスレッドがビジーループに陥るケースがあります。sudo systemctl restart pipeで再起動してください。)

2018-10-13 v0.6.11
・SabreBerry32のMasterモードでシャットダウンに時間がかかる問題を修正しました。

2018-10-11 v0.6.10
・aplayの実装を改善しました。
・44.1〜352.8kと48〜384kで個別のPLLを用意してサンプリングレートに合わせて切り替える処理を実装しました。DACがスレーブの場合に音質向上が期待できます。(カーネルの修正とdt-blob.binの合わせ技で実装しています。本バージョンからカーネルのビルド番号は#12となります。)

2018-10-10 v0.6.9
・aplayの実装を改善しました。
(ループ処理の最適化を行いました)
・NICオフロードの設定を変更しました。
(v0.2系〜v0.5系で採用していた設定を復活させました)

2018-10-09 v0.6.8
・aplayの実装を改善しました。
(ボトルネックとなっていたxddpスレッドのCPU使用率を50%程度低減しました)

2018-10-07 v0.6.7
・Sabreberry32が起動しない問題を修正しました。
・mpdが参照しているalsa-libを1.1.6にアップデートしました。
・aplayのチャンクサイズ/バッファサイズ指定方法を変更しました。(/home/pi/configs/pipe.shのperiod_size, buffer_size)
・aplayのpipeスレッドを割り付けるCPUを変更しました。(/lib/systemd/system/pipe.serviceのPIPE_THREAD_AFFINITY)

2018-10-06 v0.6.6
・カーネルを4.14.71にアップデートしました。
(起動時にXenomaiが無応答になる問題を回避するため、/boot/cmdline.txt、および/etc/rc.localを更新しています。また、カーネルのアップデートに合わせてgravity tripletの調整を行なっています。)
・352.8KHz/384KHzの再生に対応してみました。
よろしければ動作報告をお願いいたします。ただし、192KHzと384KHzはBCLKチューニングの対象外であるため、全てのサンプリングレートで音質を保証するものではありません。
BCLKチューニングの対象サンプルレートは/boot/dt-blob.binを/boot/dt-blob_smpd以下に格納しているファイルに差し替えることで変更できますが、全てのサンプルレートをカバーできるdt-blob.binはありません。また、個体差により正常起動しないケースが報告されていますので、差し替え時はご注意ください。

2018-10-05 v0.6.5
・aplay/alsa-libに独自のパッチ当て、Xenomai APIの適用率を改善しました。(Xenomai対応の目標としていた「モードスイッチの排除」が完了しました。)
・ALSA関連のパラメータを変更しました。(/home/pi/configs/pipe.shのperiod_time)

2018-09-22 v0.6.4
・aplay/alsa-libに独自のパッチ当て、Xenomai APIの適用率を改善しました。

2018-09-13 v0.6.3
・sshログイン時のメッセージ(/etc/motd)を更新しました。
・新カーネル(ビルド番号#65)を正式採用しました。

カーネル一式の容量が約17MBあるため、アップデートに時間がかかります。
既に#65を適用している場合はカーネルの更新はスキップされます。

2018-09-09 v0.6.2
・aplay及び一部の共有ライブラリを更新しました。
・レイテンシ計測用のスクリプトを追加しました。(/home/pi/util-latency.sh)

2018-08-20 v0.6.1
・airplay(shairport-sync)の再生開始・停止時の処理を見直し安定性を改善しました。

2018-08-17 v0.6.0
・4.14系のカーネルにバージョンアップし、Xenomaiを適用しました。
・mpd、airplay(shairport-sync)、spotify-connectと、音楽再生に関わる共有ライブラリの最適化・再ビルドを行いました。
・ハイレゾファイルの再生に対応しました。
・BCLKの精度向上を行いました。(DAC側がマスターの場合には音質に影響しませんが、ラズパイ側がマスターの場合に音質が向上します。)
・Web UI(ympd)をsocket activationに対応し、ブラウザアクセスに応じた自動起動・自動停止を実装しました。
 (他、変更点多数のため詳細は割愛します)

2018-06-03 v0.5.1
・Sabreberry32で音が出ない問題を修正しました。
・カーネルモジュール(fixed)を読み込むように初期設定を変更しました。

2018-06-02 v0.5.0
・SDイメージの公開を再開しました。

2017-12-30 v0.4.3
・Terra-BerryDAC2のプラグインに含まれるterradac_init.serviceの機能を拡充しました。ボリューム・デジタルフィルタ・サウンドモード・SRC/DACモードの各設定を保存し、ラズパイ起動時に自動設定します。

2017-12-25 v0.4.2
・symphonic-mpdのセパレート構成に必要なファイルを配信しました。セパレート構成はテスト中の機能であることをご理解の上でご利用くださいませ。

セパレート構成のテスト参加者向けにジャイアンさんが解説記事を書いてくださっています。ご一読ください。
今さらのPPAP
セパレート構成のコンセプトと、フロント-バックを繋ぐ技術(piped pcm audio play)を解説された記事です。
PPAPプロジェクト参加者のためのLinux超初心者講座
12/30に公開したテスト支援ツールの取得、解凍、配置までの手順を画像入りで解説された記事です。

2017-12-19 v0.4.1
・Sabreberry32が認識されない不具合に対応しました。

2017-12-18 v0.4.0
・Terra-Berry DAC2向けのプラグインを同梱しました。Web UIや他のmpdクライアントからボリューム操作が可能になります。デジタルフィルタ設定プラグイン、サウンドモード設定プラグイン、SRC/DACモード設定プラグインを有効化することでWeb UIから各種設定を行うことができます。設定手順はFAQをご覧ください。
・2TB以上のUSBドライブに対応しました。
・mpdの内部パラメータ変更とビルドオプションを見直しました。(v0.3.3に近い設定となります)
・mpdにチューニングパラメータ io_timer_slack_ns を追加しました。ネットラジオやupnpを使用する場合にチューニングすることを推奨します。
・一部のカーネルスレッドの優先度を見直しました。
・mpd.confのperiod_timeを変更しました。
・libFLAC等、共有ライブラリのビルドオプションを見直しました。
・Web UI(ympd)のビルドオプションを最適化しました。
・config.txtのSDRAM関連パラメータを変更しました。
・モードセレクトを廃止しました。accurateモードを標準とし、symphonicモードのALSAlibは削除しています。(もともとsymphonicモードは問題発生時の受け皿として残しておりましたが、accurateモードのALSAlibに起因する問題は報告を受けておらず、安定動作しているものと判断しました。)
・Web UIの不具合を修正しました。(名称に「+」を含むディレクトリが正常に開けない)

2017-12-02 v0.3.12
・プラグイン機能のパラメータ引き渡しに関する不具合を修正しました。
・O.C.プリセットプラグインの不具合を修正しました。(sdram_schmooの行が存在しない場合は設定を追記するようにしました。)

2017-12-01 v0.3.11
O.C.プリセットプラグインの不具合を修正しました。(コメントアウトされた設定行は更新しないようoc_setting.shを修正)

2017-11-30 v0.3.10
・プラグイン機能を実装しました。任意のシェルを起動するボタンをメニューに追加することができます。
・Terra-Berry DAC2のハードウェアボリューム操作を想定した新たなmixer_typeを実装しました。mpd.confにmixer_type "external" を指定し、新パラメータ external_volume_control にボリューム操作を行うシェルを指定することで、ボリューム操作時にボリューム値(0~100%)をシェルに引き渡すことができます。Terra-Berry DAC2向けのボリューム操作スクリプトをくれないさんが開発中です。
・Web UIのボリュームアップ/ダウンボタンによる変化量を1%に変更しました。
・Web UIのシャットダウン/リブートボタンに確認ダイアログを追加しました。
・Web UIのQueue/Browse一覧にスクロールバーを追加しました。
・サンプルプラグインを5個同梱しました。
1. ボリューム設定プラグイン(75%固定)
2. ボリューム設定プラグイン(フォーム入力)
3. ディスク使用量確認プラグイン
4. オーバークロックプリセットプラグイン(ローカル)
5. オーバークロックプリセットプラグイン(公式サイト)
プラグインを非表示にするときは、/home/pi/plugins/.plugin.jsonの"active":"yes"を"no"に変更してください。

2017-11-23 v0.3.9
・Web UIのレイアウト調整を行いました。(Queue/Browseの一覧が15px広くなりました)
・Web UIの検索実行タイミングを改善しました。検索文字列変更時に加え、検索欄にフォーカスしたタイミングでも検索を実行するようにしています。
・排他実行機能の不具合を修正しました。Web UIから再生を開始した時にavahiを停止する条件を見直し、同一ネットワークで複数台使用する場合の接続性を改善しております。(Web UIに .local を含むアドレスでアクセスしてきたときはmDNSを使用中と判断し、avahiは起動したままとなります。)
・config.txtにsdram_freq_min、over_voltage_sdram_p、over_voltage_sdram_i、over_voltage_sdram_cの設定がない場合、symphonic-mpdの推奨値を追記するようにしました。(既にこれらのパラメータが設定済みの場合はconfig.txtの編集は行いません。)

2017-11-21 v0.3.8
Web UIにフィルタ機能を追加しました。タイトル右の検索欄でTitle列による絞り込みが可能です。Web UIのQueue/Browse一覧表示を高速化しました。

2017-11-18 v0.3.7
mpdの再生終了時にAirPlay・Spotify-connectが復帰しないという排他実行機能の不具合を修正しました。Web UIのレイアウト調整を行いました。一部プロセスのリアルタイム優先度を調整しました。

2017-11-15 v0.3.6
カバーアートがない場合にインターネットから取得して表示する機能を追加しました。v0.3.5で更新したライブラリの一部を元に戻しました。

2017-11-14 v0.3.5
NAS Settingの自動検出機能を改善しました。(帯域の測定結果に加え、応答速度・CPU負荷も判定材料に使うようにしました。また、rsizeがMaximum Segment Sizeの倍数となるよう調整しました。)mpd、libFLAC等のビルドオプションを変更しました。カーネルモジュール(cifs)の起動パラメータを変更しました。

2017-11-12 v0.3.4
NAS Setting実行時に最適なマウントオプションを自動検出する機能を追加しました。認証オプション(sec=ntlm or ntlmssp)、プロトコルオプション(vars=1.0 or 2.0 or 2.1 or 3.0)、読み取りバッファサイズ(rsize=4096 or 8192 or 16384 or 32768 or 65536 or1048576)を自動設定します。rsizeの自動測定を行うため、設定完了まで約30秒の時間がかかります。

2017-11-08 v0.3.3
Queue⇔Browse切り替えボタンの配置を変更しました。スマホ向けWeb UIで全機能を呼び出し可能になりました。NASマウントの不具合に関連していると考えられる共有ライブラリを元に戻しました。カーネルモジュールの起動パラメータを変更し音質を改善しました。

2017-11-06 v0.3.2
AirPlay/Spotify Connect停止時にNASが再マウントされない不具合を修正しました。shairport-sync(AirPlay)のバージョンを最新(3.1.3)に変更するとともに、symphonic-mpd独自パッチを適用して音質改善を行いました。

2017-11-05 v0.3.1
NAS設定後に再マウントされない不具合を修正しました。

2017-11-05 v0.3.0
Web UIを刷新しました。Audiophonics ES9018 DAC(DAC CHIP:ESS Sabre ES9018K2M)のI2Sドライバを追加しました。ネットワーク関連のカーネルパラメータを変更しました。カーネルソースにパッチを適用し再ビルドしました。(一部のドライバで384kHzでの出力が可能になります)モードセレクトの初期値をAccurateモードに変更しました。たかじん様が配布されているOLED表示スクリプトを同梱しました。

2017-10-21 v0.2.20
Accurateモードの音質を改善しました。mpdのチューニング項目 xx_timer_slackの初期値を変更しました。

2017-10-19 v0.2.19
設定画面に「Mode Select」を追加しました。詳細はサポートページに追記予定です。(Mode Selectが表示されない場合は、ブラウザのキャッシュ削除をお試しください。)

2017-10-18 v0.2.18
ALSA-Libraryの改善を行いました。(mpdの音質のみに影響します。AirPlay、及びSpotify Connectの音質には影響ありません。)NAS設定時にfstabにスペースが混入する不具合を修正しました。

2017-10-15 v0.2.17
Direct I/O有効時にRAM再生できない不具合を修正しました。

2017-10-14 v0.2.16
mpdにチューニング項目(direct_io)を追加しました。安定性に問題が生じた場合は、/etc/mpd.confでdirect_io "no" に変更してください。インターネットラジオを追加しました。

2017-10-08 v0.2.15
Dashboardのレイテンシーグラフが表示されない不具合を修正しました。

2017-10-07 v0.2.14
mpd, AirPlay, Spotify-Connectの音質を調整しました。Spotify-Connectのプロセス停止時にキャッシュ削除を行うようにしました。Spotify-Connectの曲間に走るバックグラウンド処理を軽減しました。

2017-10-05 v0.2.13
mpdにdsd-nativeパッチを適用しました。mpdのチューニング項目(xx_timer_slack_us)の単位をナノ秒に変更しました。

2017-10-03 v0.2.12
mpdとAirPlay(shairport-sync)の音質改善を行いました。mpdにチューニング項目(player_timer_slack_us)を追加しました。

2017-10-02 v0.2.11
設定画面のバージョン表記がブラウザキャッシュに残る問題を修正しました。mpdにチューニング項目(audio_output_timer_slack_us 、decoder_timer_slack_us)を追加しました。

2017-10-02 v0.2.10
Web GUIやsshに「smpd.local」で繋がらなくなる不具合を修正しました。ダッシュボード画面にIPアドレスの表示と警告メッセージの表示(under-voltate, over-temperatureが発生した場合のみ)を追加しました。Spotify-Connectの待ち受けポートをTCP4000に固定し、再ビルドしました。microSDのオーバークロックを無効にしました。CPU割り当ての設定を見直しました。

2017-09-23 v0.2.9 feat. Spotify Connect
Spotify Connectに対応しました。iOSまたはAndroidのSpotifyアプリからデバイス名「symphonic-mpd」を選択してください。自動アップデート機能を実装しました。一部の共有ライブラリを更新しました。ご意見や不具合がございましたら、ファイルウェブの該当スレッドにコメントをくださいませ。

2017-09-20 v0.2.8 final
当方での音決めを完了したv0.2.8finalを公開しました。v0.3系列に向けて別のテーマに取り組むため、v0.2系列の更新はバグ対応や要望への対応のみとし、差分でのご提供を予定しております。

2017-09-20 v0.2.7
Experimental Pack v1で試験公開したコーデック(WAV/ALAC/AAC/mp3等)を本採用しました。ネットワーク関連のパラメータをチューニングしました。USBメモリをマウント時に日本語が文字化けする問題を修正しました。(v0.2.7から一部のファイル形式が再生できなくなっている可能性があります。ご不便があればご一報ください。)

2017-09-18
Experimental Pack v1を公開しました。(9/20公開終了)WAV/ALAC/AAC/mp3のコーデックを再ビルドしたものとなります。sshでログインし、
wget http://mpd.sytes.net/release/experimental-pack-01.tgz
tar xzf experimental-pack-01.tgz
cd experimental-pack-01
./install.sh
でインストール完了となります。stable版のコーデックに戻すときは上記ディレクトリで
./uninstall.sh
を実行してください。
ご指摘や質問事項がございましたら、ファイルウェブの該当スレッドにコメント願います。

2017-09-16 v0.2.6
ALSA libのmixerを有効にしました。(Saberberry32のデジタルフィルタ切り替え時にalsamixerが起動しなかった問題の対応です)MPDのTCP6600ポートでの待ち受けを停止しました。(Web GUI以外のMPD Clientを使う場合は、/etc/mpd.confのport "6600"、bind_to_address "any" という2行のコメントをはずして再起動してください。)UPDATE LIBRARY実行時にscaling governorをondemandに自動設定する機能を追加しました。(DB更新に長時間かかることが分かっている場合は、/boot/config.txtのforce_turbo=1の行をコメントアウトして再起動してからDBを更新していただくことで、CPU負荷が上がりにくくなります)Dashboard画面のレイテンシーグラフをナノ秒単位の表示に変更しました。

2017-09-15 v0.2.5
SaberBerry32の頒布元であるたかじん様のご厚意によりドライバを同梱しました。Web GUIがカバーアート表示に対応しました。microSDのオーバークロック設定を行いました。カーネル・ALSA libのビルドオプションを見直しました。

2017-09-14 v0.2.4
カーネル・各種バイナリのビルドオプションを見直しました。USBメモリの自動マウントに対応しました。(USBメモリを使用する際は、/etc/rc.localのバスパワー給電停止処理部分をコメントアウトする必要があります。)AirPlay再生開始時にNASが自動アンマウントされないバグを修正しました。Web GUIから再生・停止の操作をした際にAirPlay関連のプロセスを自動停止・自動再開する機能を追加しました。Web GUIにダッシュボード機能を追加しました。(レイテンシーを測定してグラフ表示する機能です)インターネットラジオにLinn Radioを追加しました。

2017-09-08 v0.2.3
カーネルデバッグ系の機能を無効化しカーネルを再ビルドしました。RAMディレクトリの上限を650MBに変更しました。レギュレータ関連のカーネルモジュール(fixed)を起動時に読み込むように変更しました。mpd関連の設定をv0.1時点に戻しました。

2017-09-07 v0.2.2
RTパッチ更新に伴いカーネルを4.9.47にアップデートしました。

2017-09-06 v0.2.1
試験的にメモリ再生に対応しました。(/var/lib/mpd/music/RAM)

2017-09-04 v0.2.0
Web GUIからNAS設定が可能になりました。(CIFSのみ)